不動産投資に役立つ!比較6サイト

home > 不動産投資の比較情報 > 不動産投資を他の金融商品と比較してみよう

不動産投資を他の金融商品と比較してみよう

 不動産投資を行う際、他の金融商品と比較する人は少なくありません。
具体的にどんな金融商品と比較をすればいいのか、迷う人も多いでしょう。
気になる金融商品と比較することによって、満足できる資産運用を選ぶことができるため、参考にしてください。
例として株式とはどのように違うのかというと、株式は保有することによって生じる利益よりも、売却した時に出る利益のほうが利益率が高いといいます。
この利益のことをキャピタルゲインといいますが、不動産投資ではキャピタルゲインよりも保有することによるうまみのほうが大きいです。
保有することによって生じる利益をインカムゲインと呼び、保有すればするほど使用者からの収益が入ってくることをさしています。
このため、金融商品として性格が違う物であることがわかるでしょう。

 同じ不動産投資として名高いREITとの違いを理解すると、より運用しやすくなる可能性が高いです。
REITの場合、不動産投資の一種であっても小口の当市や分散ができることがメリットといわれています。
また、プロに物件選定を任せることも可能といわれていますが、買った後資産管理を行う手間が省けることもメリットのひとつです。
ただし、不動産投資と比べてレバレッジがききにくいことや、物件運用がプロ負かせとなっているため、どんな運用方法を取られているのかがわからないことも違いのひとつといえるでしょう。
それぞれのメリットとデメリットを比較し、納得出来る運用を行うことが重要です。
同じ不動産を取り扱う金融商品でも、REITは初心者向けで、本格的に稼げる不動産投資は中九社以上に向いている投資といえます。

 FXとの違いを理解しておくと、更に運用について理解が深まるでしょう。
買うのが安く、売り・買いどちらからも入れること、資産管理の手間が省けることがFXの特徴といわれています。
レバレッジといわれる最大25倍の倍率で設けるチャンスが期待できますが、元本割れがあることも特徴といえるでしょう。
外貨預金を始め、多角的な運用が可能といわれているため、参考にしてください。
運用については短時間で運用したい場合、相場に張り付いていなければならないこともデメリットのひとつです。
そのため、運用について考えるだけではなく、金融商品としての性格の違いも上げられています。
ライフスタイルにあった形で運用することがどちらもできますが、FXの場合、比較的相場に振り回されやすくなる人が少なくないため、運用する時には注意をしてください。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP