顔の事で悩んでいる方の中には、頬骨が出ている事で悩んでいる人もいるのではないでしょうかそんな時は美容整形外科に行き、矯正をしてもらいましょう。顔のえらや頬骨が出ていると、やはりそれだけで顔が大きい印象を与えてしまいます。その為、その部分をコンプレックスに感じている人もいるのではないでしょうか。しかし、骨の問題なので、なかなか自分で矯正をしようと思っても限度があります。また、なかなかすぐに効果を得る事ができなかったりと、ずいぶん悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そんな時、おススメするのが矯正です。頬の一番高い骨部分を削ったりする事で、小顔を手に入れる事が出来ます。施術方法はそのクリニックによっても様々です。本格的な物であればやはりメスを使う事になりますが、小顔効果をしっかり得る事が出来るので便利です。

頬骨の輪郭が目立つ場合は矯正手術がお勧めです。

自分の頬骨にコンプレックスを抱いている方は結構います。骨格は生まれ持ったものですが、顔はむくみやすいため、むくみの影響で顔が大きく見えることが殆どです。頬骨の張りは、輪郭の第一印象を左右する大きなポイントです。鎖骨矯正の手術で一番多いのが骨削術です。この手術は張り出した部分を削る方法で上歯茎と耳の前、この2か所からアプローチしていきます。顔の中心で一番膨らんでいる部分を斜めもカットしていき、次に耳の前から入ります。もみあげの前くらいまで皮膚の中を移動して、この頬の後ろの方をカットします。そしてチタン金属で固定していきます。チタンは動脈瘤の根元をクリップするときに用いられるもので、体の中で安全に使える金属です。骨切り面を合わせてプレートで固定するので顔の表面に手術跡は残りません。施術時間は2時間ほどで全身麻酔を使用します。膨らんでいる部分をカットするので、ごつい顔立ちの印象が優しい女性らしい顔立ちに生まれ変わります。また骨を削ることで小顔で、鼻が高く見える効果も得られます。悩んでいる方はぜひカウンセリングを受けることをお勧めします。

頬骨を矯正して優しい印象に

顔の印象は、髪型や目の大きさや形、鼻や口の形状などさまざまな要素で決まってきます。顔全体の輪郭の洗練度を左右するものとして大切なポイントとなるのが、頬骨です。頬骨が高い人は、一般的に実年齢よりも高く見られがちです。また、印象的にはきつくみられがちという傾向もあります。仕事上で営業職をするような場合には、第一印象としては厳しい性格とみられがちです。そこで、整形矯正することを考えてみます。施術方法としては、頬の骨を削ることになります。骨を削るためには、皮膚内に施術道具を通す必要があるため、切開する部位を、術後に目立たないところにする必要があります。そのため、口の中や耳の横の髪の生え際などが切開対象となります。術後は一時的な腫れを経験することになりますが、時間とともにそれはひいていきます。頬の骨が削れた後の顔の印象は優しいものになります。