頬骨の矯正を行う前のセルフチェックは大切な行為です。自分の顔が歪んでいて、大きめに見えているのかを自分で把握する手段として最適な方法となっています。側頭骨が外側に広がると、つながっている骨も歪んでいきます。その結果として、頬骨と側頭骨の隙間が広がって、顔が大きくなってしまうことがあります。顔に歪みが生じている可能性を確認するセルフチェックには、片方ばかりで食べ物を噛んでいる場合や口を開けた時にガクっと音がする場合にも可能性を見つけることができます。さらに指を3本縦にそろえて口に入れられない場合、頬杖をつくクセがある場合にも注意が求められてきます。多くうつ伏せで寝ていたり、自然に歯を食いしばっていることがあると顔が歪んでいる可能性が考えられます。頬骨の矯正を行う前には、症状を把握するためにもセルフチェックをしておくことが必要になります。

頬骨を矯正するための手段の注意点

頬骨を矯正するための手段を実行することで、顔を歪ませてしまう悪習慣を和らげられます。現代に流行している小顔を実現させる方法には、骨を奥に押しこんで締める方法が使われています。ですが、方法には注意点が存在しています。頬骨は顔の中心にありますが、その影響は体の大切な所へ大きな影響力を持っているため、無理な治療の方法は避けることも必要となります。影響を受ける大切な体の部位は、眼球や心臓、アゴや首の骨など数多くが確認されています。体への影響力の強い頬骨を強い圧力で締め付けることで、のちに体のあちこちに不調が起きることも考えられ、症状として多く挙げられるのが頭痛や吐き気となります。この症状の原因は、頬に圧力を掛けることによって頭蓋骨に歪みが生じて起きるものと考えられており、注意が求められます。矯正するための手段の注意点を守って、改善に心がけることが大切です。

小顔を可能にする頬骨を矯正の特徴

加齢による顔の変化は人間である以上、見舞われますが、急な老け顔やたるみ、やつれには頬骨による原因があります。女性であると産後などには、頭皮の凝り硬く縮んだため、おでこや頬骨の肌が頭皮に引っ張られていきます。歪みによって顔が伸びてしまうことがあります。眉も頭皮に引っ張られているので、まぶたも伸びて見えます。頬骨も横に張り出し、輪郭の横サイズも広がっています。小顔を可能にする頬骨を矯正の特徴はこうした顔の歪みを施術していきます。つむじからおでこにかけて、しっかりとマッサージを行ってほぐしていき、頭皮の縮みをなくしていきます。伸びきった肌は目の周りの鼻筋を緩めることによって、ストレスを和らげていき、肌が引き締まって顔が小さく見えるように導いていきます。頬骨を矯正の特徴は、顔をしっかりとマッサージを行っていくことで小顔を可能としていきます。

お悩みに応じて様々な術式を提案致します。 機能性と美しさを求めた顔の骨格形成で、正しくバランスのとれた顔面骨格と調和のとれた歯列の矯正を。 ドクターカウンセリング無料。 先端の医療設備や経験豊富なスタッフを揃え安心と安全な医療環境を整えております。 20年以上にわたる臨床経験がお役に立てます。 当院は、顔面骨格形成のエキスパートと最適な医療環境を取り揃えております。 モニター割引あり。 頬骨の矯正を行いたい方へ